001-.jpg

少しでも見やすくなるように、インデックス・記事共に再編集中です。(2012年3月)

ディズニーランド・パーク
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー
ダウンタウン・ディズニー
ディズニーホテル
レストランなど
その他の記事
ディズニーお役立ちリンク


[PR] 海外ホテル予約ならオクトパストラベル
世界112カ国20,000ホテルが最大80%オフで予約可能!

2012年07月04日

日本語の通用度

Q. 日本語は通じますか?

ほぼ通じません。

ガイドマップのところでも書きましたが、カリフォルニアディズニーリゾートを訪れる日本人は入場者全体から見たら数パーセント程度だそうです。

それより南米から来るスペイン語やポルトガル語圏などの旅行者の方が多く、結果としてそちらの言葉の方が重要視されています。

現地で日本語を聞いたのは、現地ガイドを除けば、パラダイスピアホテルの日本食レストラン 「ヤマブキ」、同じくパラダイスピアホテルの 「PHCグリル」、そして、ディズニーランドリゾートのシティホールの中のスタッフのみでした。

「ヤマブキ」 以外では、ディズニーランドホテル内の、「ステーキハウス55」 は日本語メニューがありましたが、他のレストランは不明です。
英語版メニューでなんとか内容を理解する事ができたので日本語メニューの有無を聞かなかったからです。

パークの一部では日本語の音声サービスのあるアトラクションもありますが、多くは英語のみです。
ジャングルクルーズももちろん英語解説ですし、「ディズニー・アラジン・ミュージカル・スペクタキュラー」も英語で進められます。

英語が分からなくても雰囲気で内容はある程度分かるので楽しめますが、もちろん英語が理解できた方がより楽しめるでしょうね。

この時ばかりは学生の頃ちゃんと勉強しておけばよかったと思いました。



この他には、アトラクションに乗る時、スタッフに人数を聞かれます。
「How many?」
と、簡単な英語ですから、指で人数を表してもいいですし、
Two、Three と、英語で答えてもいいでしょう。

旅行まで期間があるなら、簡単な英語だけでも離せるようにしておけば現地での楽しみも増えると思いますよ。




posted by ぷー at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

コンビニ

Q. ディズニーリゾートの中、もしくは近隣にコンビニなどはありますか?

コンビニではありませんが、私が宿泊したディズニーランドホテルにも売店はありました。
たた、それ程広い店ではありませんし、品揃えも充実しているとは言えません。

ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテルはどこにショップがあるのか確認できませんでしたが、パラダイスピアホテルの中の売店は、なかなかの品揃えだと思いました。
ディズニーグッズの他、シャンプーや歯ブラシ、本やスナックなどもありました。
アルコールがあったかどうかは分りませんでしたが、店舗の広さもディズニーランドホテルより広かったです。

paradise-07.JPG
パラダイスピアホテル内のショップ



実はロスアンゼルス空港からホテルまでの移動中で、ディズニーランドのコンビニを見つけたのですが、現地ガイドの人に、
「お客さんのホテルからここまであるくと20〜30分かかるよ」
と言われました。

なるほど、そこからホテルの玄関まではかなり距離があり、結局行くことを断念しました。

機内に持ち込みできるものとできないものがありますし、もちろん持参する荷物やスーツケースの容量もあるので難しいかもしれませんが、こちらから持ち込めるものは持って行った方が無難だと思います。

準備のところでも書きましたが、私は海外に行く際、水、お茶は必ず持参します。

生水が怖いのは言うまでもありませんが、海外では水も高いですし、海外のコンビニでお茶もほとんど見かけません。

ディズニーリゾート近隣にはコンビにもありますが、直営ホテルに宿泊する予定なら必要だと思うものは現地で調達するより持参したほうがいいと思いますよ。


posted by ぷー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

お酒事情

Q. パークやホテルでお酒は飲めますか?

大人の方なら現地でいただくアルコールも楽しみの一つだと思います。

ただ、ディズニーランドリゾートのあるカリフォルニア州はアルコールに関する法律が厳しく、手軽に手にいれる事はできないようです。

もちろんレストランなど飲食店では飲む事ができますが、コンビニなどで買ってホテルの部屋で風呂上がりに一杯などと考えているとなかなか難しいと思います。
日本のホテルではお馴染みのホテルの部屋にあるミニバーはありませんし、備え付けの冷蔵庫にはお酒はおろかジュース類もありません。

3.JPG

部屋の冷蔵庫の中

フロリダのディズニーワールドでは、ボードウォークにあったストアでビールを買った記憶がありますが、カリフォルニアでは缶ビールを売っているお店を見つけることができませんでした。 (もっと探せば見つけられた可能性もありますが・・・)

私が宿泊したディズニーランドホテルには1階に小さなストアがありましたが、アルコール類は売っていなかったと記憶しています。
また、ディズニーランドホテルより品揃えが豊富だったパラダイス・ピア・ホテルのストアにもアルコール類はなかったはずです。

日本では20歳未満の飲酒が禁止となっていますが、アメリカでは21歳ですし、コンビにでも深夜は販売できないという話を聞いたことがあります。
また、販売時は年齢制限のチェックが厳しく、日本のようにだれでも買えるわけではないようです。

お酒好きの方はお店でいただくつもりで行った方がいいと思いますよ。


posted by ぷー at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

ガイドブックの入手

Q. アトラクションなどの最新情報やマップはどこで入手できますか?


ディズニー直営ホテルで入手できるほか、もちろんパーク内でも入手できます。

ディズニーランド・パークはシティホール、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークはゲートを入って直ぐの所にあるインフォメーションにマップが置いてあります。

1.JPG

シティホール



2.JPG

インフォメーション

マップは英語版をはじめ、ドイツ語、ポルトガル語など数ヶ国語のものが用意されていて、日本語版もあります。
私たちはもちろん日本語版を探すことになるでしょうが、できればこの時に英語版のガイドブックも合わせて入手しておくことをオススメします。

理由は、英語版は常に最新のパーク情報が記載されていますが、日本語版は少し古い場合があり、既に変更となったアトラクションやイベントが記載されている可能性があるからです。

カリフォルニア・ディズニーリゾートを訪れる日本人は、入場者全体から見ると数%程度と多くはなく、英語版などに比べ消費量が少ないという実情があるようです。
このため、変更となったアトラクションがあってもそのマップがなくなるまで新しいマップが作られないようです。

これはフロリダのディズニーワールドも同様で、現地で入手したマップに載っていた情報を元に、既になくなっていたアトラクションを求めて歩き回った苦い思い出があります。

日本人旅行者が少ないので仕方のないことかもしれませんが、マップの情報が変っているかもしれないという事は覚えていた方が良いと思いますね。


posted by ぷー at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

カリフォルニアの気候

東京ディズニーリゾートを紹介するガイドブックは数え切れないほど出ていますが、海外のディズニーリゾートはガイドブックの数も少なく、実際に行くまで分からなかった事がたくさんありました。

私の後にカリフォルニア・ディスニーリゾートに行った知人、友人が数組いたのですが、旅行に際して聞かれた事や私自身が疑問に感じていた事をQ&A形式でまとめていこうと思います。
旅行の参考になれば幸いです。


Q. カリフォルニアの気候はどうですか?

カリフォルニア周辺の年間平均気温をグラフにしてみました。
上の赤い線が平均最高気温、下の青い線が平均最低気温です。

kion.GIF

年間を通して温暖な気候だと思っていたのですが (もしかして私だけ?) 冬は一桁の気温になることも珍しくないそうですし、逆に夏は30℃を超えることも珍しくないそうですが、30℃を超えても日本と比べて湿度が少なく過ごしやすいです。
ただ、日差しは相当なものですから帽子やこまめな水分補給が必要ですね。

私が行ったのは2月だったのですが、晴れた日は半袖短パンでOKだったものの、雨の日はかなり寒く、現地の人ですら長袖の人がたくさんいました。
それに加えて雨の日でもホテルの中はエアコンが効いておりかなり寒かったです。

真夏に行くならともかくそれ以外のシーズンなら、屋内外両方用の長袖とパンツがあると良いかもしれません。


posted by ぷー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。